【小説家になろう】おすすめ完結ランキング



【小説家になろう】おすすめ完結ランキング

●始めに

世の中には色々なWeb小説があります。その中でも『小説家になろう』というサイトは最大手でもっともWeb作品が掲載されているサイトでもあります。その中でもきちんと完結していて面白い作品を集めてみました。この記事を読めばきっと気に入る作品が見つかるでしょう。では始めていきましょう。

●無職転生 – 異世界に行ったら本気だす –

キャラクターを大切にする本作。登場するキャラクターは非常に多いのですが、一人一人の描写を疎かにせず、きっちりと色鮮やかに書き上げていきます。特に女の子の描写が秀逸で、可愛く思えるのは作者様の狙い通りでしょう。ストーリーに関しては全体を通して熱い展開が続き、いい意味読者を裏切り続けます。主人公の家族に対しての愛も本作の見どころとなっています。続編や外伝が気になる作品です。

●転生したらスライムだった件

最強である竜と最弱であるスライムが出会うところから始まる本作。徹底して『成長』というテーマを書き続け、最後まで走り抜ける疾走感がたまりません。ただしパワーインフレが少々目につく箇所もありますが、それでもやはりキャラの魅力は失われず、どこか抜けているリムル様がとても愛らしいです。もちろん他のキャラ達もきちんとかき分けてあり読んでいて思わずニンマリとしてしまいます。背景もしっかりと書かれており、何度も読み返したい作品の一つです。

●八男って、それはないでしょう!

転生した先は貧乏貴族の八男。詰みな状況から始まる物語。しかし主人公には魔法に希有なる才覚があったのです。そういう主人公がチート&ハーレムな本作。王道でありがながら成り上がりや内政といった色とりどりのファクターが仕込まれており、次から次へと面白さが押し寄せてくる様は圧巻です。思わず主人公に肩入れしてしまうのは私だけはないはず。さくさくと読み進められるテンポも秀逸。なにも文句がつけられない作品であります。これからの作者様の活躍が楽しみにもなれる作品でもあります。

●本好きの下克上 ~ 司書になるまでは手段を選んでられません ~

世の中には様々な物語が在りますが、これほど人々に愛される作品は希有ではないでしょうか。本を愛しすぎて本が手元にないと手が震える。そんな主人公が文字を奪われた絶望的な状況から始まる本作。さて文字への執着が変態の域まで達している彼はどうするのか。世界観がとても深いにもかかわらず、読みやすいのは本作の作者様の筆力の高さがそうさせるのでしょう。主人公の家族愛に関しても一角ならぬ作者様の想いがこめられています。キャラも多く、一人一人とても丁寧に書かれていて作品の魅力を高めています。主人公が上に行けば行くほど失うものが多くなるのもまた注目すべき点でしょうか。全ての人にお薦めできる作品です。

●人狼への転生、魔王の副官

最初から最後まで硬派を貫く主人公。内政や交渉、そして恋愛に至るまでどこをどう切っても面白いという答えが返ってくる本作。悪役まできっちりと書かれているのが、本作の特徴で私利私欲の為に動く人は少ないです。単なる強さで問題を解決していく作品に飽きた人は本作を読むとまた違った楽しみを見つけられるのではないでしょうか。なので本作を表現するには傑作というよりは快作と表現した方が適当に思える気がします。

●公爵令嬢の嗜み

一人の少女が運命に抗い仲間と共に戦う物語。様々な苦闘の果てに彼女が掴むものはなんなのかといった単なる悪役令嬢ものでは終わらない本作。主人公が魅力的なのはもちろん、仲間達もそれぞれの個性が光り、とても魅力的に書かれています。正義は勝つという単純明快なロジックを上手く料理しており、主人公の魅力アップに一役かっています。ともかく悪役が悪役然としていて悪役を倒す主人公達の爽快感を楽しむ作品でもあります。時間があれば二回三回と何度も読み直したくなる作品です。

●甘く優しい世界で生きるには

幼き頃に経験した挫折から立ち直り、まっとうな道を目指す少年が主人公な本作。チートがチートに思えないほどに自然に馴染んでいます。作品全体を貫く、自分を愛してくれる人達に報いたいというという王道的なテーマにもまた共感できて心地が良い作品であります。そしてなんと言っても主人公の口癖がまた今作を魅力的にしています。

●10年ごしの引きニートを辞めて外出したら自宅ごと異世界に転移してた

なろうでよくある題名と本作を斬り捨てるのはもったいないです。むしろ本作にこそ今のなろうにはないなにかを思い出せてくれる作品であります。家ごと異世界転生した主人公はヒロイン(※元飼い犬)と共に異世界ライフをゆっくりと始めます。主人公のダメさ加減が、絶妙にバランス調整されており、主人公が成長していく姿には思わず手を叩きたくなります。少しずつでもいい。ともかく一歩一歩でも前に進むんだという前向きなテーマにも好感が持てます。

●詰みかけ転生領主の改革(旧:詰みかけ転生領主の奮闘記)

完全に破綻した領地を転生した主人公が立て直す物語。大人が読んでも面白い作品。経済学や産業技術が事細か書かれており、読んでいる人の知的好奇心をくすぐられます。もちろん魔法などはきっちりと押えてあり、王道ファンタジーとしての完成度もかなり高く、ラノベ初挑戦な若い読者のニーズにもきっちりと応えてくれます。最後がハッピーエンドなのも好感度が高いです。とにかく主人公の発想が面白く、読んでいて思わず笑顔になる作品ではないでしょうか。良作です。

●勇者様のお師匠様

これこそなろう作品とも呼べる一品。読み始めると一気に持っていかれ読まされます。読みやすい文字数でまとめてきたのは作者様の筆力の高さがうかがい知れます。努力が好きな主人公とヒロインとのかけ合いがとても面白いです。努力は決して裏切らないとばかりに主人公の地位が上がっていく様は読んでいて爽快です。逆にヒロインは勇者としての自分、そして他人からの勇者としての自分の見え方によって大好きな主人公との溝が広がりますが、一生懸命、主人公ラブを貫くので応援したくなる作品であります。

●まとめ

なろう作品の小説の『累計完結済み』ランキングを列挙してみました。この中にある作品は書籍化、或いはコミカライズされている作品も多くあり、今から読み始めても面白いと思える作品群だと思います。もちろんこの記事に挙げた作品以外にも面白い作品は多々あり、日々、増えていっています。なので、なろう小説に馴染む為のとりあえずの入り口として上記に挙げた作品を読んでもみるのもまた楽しいでしょう。

では。

【小説家になろう】おすすめ完結ランキング、了。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする