情報で人を笑顔に!気になった知りたいを解決したい!

infosmile

小説

pixiv小説の書き方

更新日:

【pixiv小説の書き方】

Studio32 / Pixabay

私がpixiv小説を書き始めて、いまだ三ヶ月と日が浅いですが、その三ヶ月で得た知識を解説していきたいと思います。始めに言っておきますが、なにを言っても三ヶ月しか経験しておりません・なので間違った表記や勘違いで書いてしまう事もあるかもしれません。 その場合、なに言ってんだよ、こいつと笑って許してくれれば幸いであります。

●三万字の文字制限。

pixiv小説は三万文字の文字制限があります。つまり短編小説しか書けないのです。もちろんシリーズ化して三万文字以上の作品を書く事も可能ですが、一話一話で考えればやはり三万文字である程度の区切りを付ける必要性があります。なのでここでは短編小説ありきでものを考えたいと思います。

●pixiv小説で気をつけるべき事。

さて三万文字しか書けな時に気をつける事はなんでしょう。 それはずばりキャラクターを絞る事です。前に漫画を描いて投稿していた経験から言いますと読み切り漫画の登場人物は多くて三人。

基本二人と考えて描く方が読み手さんにも優しいお話だと考えています。 では次の章から何故多くて三人、基本的には二人のなのかを解説していきます。

●何故三人、もしくは二人なの?

何故かと乱暴に答えてしまえば登場人物を厳選して情報量を絞って一人一人のキャラクターを深く深く掘り下げるべきだからです。pixiv小説は三万文字しか書けないので限られた三万文字に対して登場人物が三人の場合、一人一万文字割り当てられます。しかしこれが五人となると一人あたり六千文字になってしまいます。

もっと言えば十人とか出してしまうと一人三千文字になってしまいます。 一人三千文字になってしまえばペラペラの薄っぺらいキャラしか作れません。その意味でも多くて三人。基本二人というものが一番ベターだと分ってもらえると思います。

●もう一つ。

もう一つpixiv小説のように短編しか書けない場合に気をつけなくてならないのは壮大な世界観を作ってしまうと一話の中では結局消化不良に終わってしまう危険性があります。

私自身はキャラクター命の人なので敢えて世界観を削る傾向にあります。しかしそれは漫画時代に読み切りを多く描いた経験からくるもので短編で世界観を説明するのはもったいないと思っている節があります。

ただしあながちその価値観も間違いではないと思っています。 もし三人の登場人物がいて、プラスで壮大な世界観があるとすると乱暴に計算してキャラクター一人あたりに七千五百文字で世界観の説明に七千五百文字の割り当てになります。そうなんです。壮大な世界観はキャラクター一人分の文字数を使うわけです。

これでは消化不良にならないわけがありません。 せっかくの魅力的なキャラクターが死んでしまっては元も子もありませんからね。

●好きなところで改ページできるpixiv小説。

次に言いたい事はpixiv小説の利点である改ページについてです。

漫画ではよく見る手法なんですがめくりという技術があります。めくりとはページをめくった時に一番最初にくるコマに衝撃的な展開をもってくるというものです。

pixiv小説はめくりを簡単に好きな場所で作れますので一ページの文書量が短くなっても敢えて引きを前ページの最後に持ってきてめくったら答えが存在するという書き方が上手い書き方だと思います。

読み手さんはめくりを行なう前に栞を挟む傾向があります。 なので最後を一行を引きにしてやり興味を引ければ読み手さんの読む手が止まらないのです。

先がどうなるのか気になって次々にページをめくってくれるのです。 これを利用しない手はありませんね。

●まとめ。

ともかく絵が主体のpixivにあって小説はある種の異色とも言えます。

逆に面白い作品を書けば絵描きさんが揃っているサイトなのでファンアートをもらえます。

他のサイトではない、とても嬉しいご褒美です。 なので挑戦してみる価値は大いにあると思います。私自身もいまだ試行錯誤な段階でありますが、やる価値はあると信じております。

もしこの記事を参考にpixiv小説生活が楽しきものになれば幸いであります。お互い頑張っていきましょう。ではでは。

pixiv小説の書き方、了。







-小説
-

Copyright© infosmile , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.