小説家の年収を詳しく解説!小説家ははたして食べていけるのか?



小説家になったはいいけどこんな話聞いてないよとなる前に事前に知るべき事があります。知るべき大切な事とは小説家として仕事をした時の収入。お金の話は嫌らしいと感じるかもしれませんが避けて通れません。食べていけなれば問題外ですからね。

ともかく世間ではなにかと小説家の華やかな部分がピックアップされ、小説家は高収入なイメージが先行しています。

しかし本当に小説家は儲かる仕事なのか、はたまた売れない小説家では食っていく事もできないのか……、

そんな疑問にお答えすべく、今回の記事を書こうと思い立ちました。今回、調べたデータは飽くまで個人的に調べたデータですが、少なくともプロの小説家になってこんな話聞いてないよとならないよう注意して書きました。

皆さんの創作生活の一助になれば幸いです。では始めます。

小説家の平均年収は?

始めから結論めいたものを提示します。プロの作家として小説を書いている人の平均的な年収を調べてみました。大体、200万円から400万円辺りが相場のようです。もちろんベストセラーを何本も書いている作家さんはこの金額には当てはまりません。大体、そこそこのヒットを出し、ある程度定期的に出版社からお仕事を頂いている作家さんの平均年収です。

ただしライトノベル作家はこの金額よりも低いようで年収200万円にも満たない作家さんも数多くいるようです。やはり作家とは実力主義な仕事でWeb小説でちょっと面白い作品を書いている程度では貧乏生活を強いられるか、或いは兼業作家として生きていくしかないようです。

もちろん逆に実力があれば年収1000万円を超える作家さんも存在しています。ゆえに常に自分自身を磨き続ける、成長し続ける覚悟がなければ作家という仕事には向いていないとさえ言えます。お話を作るのが好き、書くのが好きだけな上に努力を怠らない人にしか向いていない仕事言えましょう。

小説家生涯で稼げるのはいくらくらい?

先ほどの平均年収から計算すると、小説家の生涯賃金は、大体8000万円から1億7000万円くらいと言えるでしょう。平均的なサラリーマンの生涯賃金が2億7500万円ですから平均的なサラリーマンよりも生涯賃金は低い事になります。これは飽くまで試算でしかないですが、やはり作家という仕事は好きでなくては出来ない仕事となります。

サラリーマンをしながら自分の務める会社がブラックだと嘆き、一発当てる為に小説家を目指す事は止めた方がいいですね。小説家になっても予想以上の低収入にサラリーマン時代よりも苦しい生活を強いられ、こんなはずじゃなかったと後悔する事でしょう。

ただしサラリーマンと違うのは自分の好きな事を仕事に出来るという点。この一点においてはサラリーマンとして務めるよりも大きなアドバンテージではないかと考えます。お金よりも好きをとる必要がある仕事と言えます。

ラノベ作家は特に苦しい。

この記事を読んでいるあなたは10万文字の小説(※大体文庫本一冊分の文量)をどれくらいのペースで完成させる事ができるでしょうか。

何故こんな話を聞いたかと言えばラノベ作家は一冊の本を出版して手にする金額が60万円から100万円という結果が出たからです。1年で4冊は書かないと生活できない計算になります。つまり3ヶ月で一冊のペースで出版し続けないと作家としての生活が成り立たないのです。

3ヶ月で一冊のペースで書いたとしても年収240万円から400万円なので、ちょっと高額な時給をもらっているフリーターレベルです。しかも面白い作品を書き続けなければ出版社からの仕事がなくなるので、とてもしんどい仕事だと言えます。

ただし有名なラノベ作家で長者番付に載った方もいますので一概に可能性を否定するのは違うとは思いますが……、それでもきつい仕事には変わりがありません。

芥川賞や直木賞を獲ると年収が10倍に

ここまで苦言ばかり呈してきましたが、少し趣旨を変えて芥川賞などを獲った作家さんのお話を書いていきましょう。芥川賞や直木を獲れば当然世の中が放っておきません。仕事も一気に増えます。もちろんひとつひとつの仕事の単価も上がっていきます。

これは飽くまで噂の域を出ない話ですが、芥川賞や直木賞を獲る前と獲った後では年収が10倍まで跳ね上がったという話があります。ある作家さんは年収480万円だったのが、過去作も売れ始め、年収5200万円まで跳ね上がったそうです。

ただし芥川賞や直木賞を獲るような作家さんは獲る前から十分に面白い作品を書いており、スマッシュヒットは当たり前の作家さんが多いです。つまり実力も十分な上での受賞と言えるので、やはり作家稼業は実力主義な世界と言えるでしょう。

では放送作家はどうか

放送作家とは番組で使うコントやドラマ、バラエティ番組の構成などを任される仕事です。駆け出しの頃は下積み期間として年収100万円から始まるそうです。有名になり人気番組などを世に送り出せば収入は一気に跳ね上がります。大体年収にして1000万円くらい手にする作家さんもいるそうです。

面白ければ売れる。面白くなければ売れないというとてもハッキリとした世界なので自分に自信がある人は放送作家を目指してみるのも面白いかもしれません。ただし狭き門だという事は間違いないので自分の人生を賭けられるほどの覚悟と意気込みが必要になってくるのではないでしょうか。

まとめ

結論として小説家は決して儲かる仕事ではありません。むしろ一般的に言うブラックこそが小説家の正体であると断じておきましょう。

しかしながら好きであれば艱難辛苦でも越えてゆける。だからこそ一縷の望みを叶える為に小説家という仕事を目指す。とても崇高で素晴らしい考えではないでしょうか。

ゆえに常に努力を怠らず、常に前進して、常に新しいものを学んでいく姿勢が大事なのだと考えます。もし仮にプロの小説家になっても予想外なほどの低収入にも決して負けないで下さい。努力は絶対に裏切りません。努力し続けて下さい。

そうすればここにあげた低収入から抜け出し、いつか輝ける日は必ず来るのですから。今稼げないと嘆くのではなく、将来稼げるようになればいい。そう心にとめていつの日にか勝利を勝ち取りましょう。

私自身は強くそう思います。ではこの言葉をまとめに記事を終わります。いつの日にはあなたが輝く事を祈って。草々。

小説家の年収を詳しく解説!小説家ははたして食べていけるのか、了。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする