バドミントンシューズの選び方



【バドミントンシューズの選び方】

White77 / Pixabay

バドミントンを始める時は、ラケットを買うことはもちろんですが、シューズも買わなければなりません。 シューズ選びを間違えると怪我の原因にもなるので慎重に選びましょう。

●そもそもバドミントンシューズとは?

バドミントン、バスケ、バレーボール、ハンドボール、卓球と室内競技はたくさんありますが、それぞれ足の動かし方や動く範囲が違うので、競技ごとにシューズにも若干の違いがあります。 特にバドミントンは他の競技と違い、ジャンプしたり、踏み込んだりしながら常に狭いコートを前後左右に動き続けます。 だから見た目が似ているからといって、バレーボール用のシューズでバドミントンをすることはできません。

●シューズ選びで1番大事なポイントとは

シューズ選びで1番大事なポイントはなんといってもサイズ感です。 よくシューズは少し余裕があった方が良いと言われますが、バドミントンはピッタリがおすすめです。 窮屈でも余裕があっても怪我の原因になります。 また縦だけではなく、横幅もしっかり確認しましょう。

●やっぱり履いてみないとわからない

シューズ選びで重要なのはサイズ感と書きましたが、サイズ感は実際履いてみないとわかりません。 スポーツ用品店やラケットショップではシューズの試着ができるので、ぜひ試着してみましょう。 また、バドミントンはフットワークが大切なスポーツなので、迷ったら軽い方のシューズを選ぶことをおすすめします。

●ネットショッピングでシューズを買うのはあり?

これはあくまで個人的な意見ですが、私はインターネットでシューズを買うことに反対です。 ネットショッピングだと、シューズの種類も豊富ですし、価格もお店で買うより安い場合が多いですが、試着ができないので、そのシューズが本当にフィットするかわからないからです。

●こんな時はネットショッピングを利用しても良いかも

いつも使っているお気に入りのシューズがダメになってしまい、同じものが欲しいけど近くのお店に在庫がないという時は、ネットショッピングが便利ですよね。 メーカーや品番、サイズをしっかり確認してから買いましょう。 ただ、注意点が1つあります。 同じメーカーで同じサイズだから違う品番のシューズを買うことはやめましょう。 同じメーカーでも品番ごとに作りが若干違うため、サイズが一定なわけではありません。

●サイズ以外に気をつけること

通気性やしっかりと踏ん張れるグリップ力、そして踏み込む衝撃に耐えるクッションがあるシューズが良いですが、科学技術はどんどん進歩しているので、最近はどのシューズでも問題ないかと思います。

●ケガを防ぐアイテム

シューズをちゃんと選んでいても、ケガは起こります。 もちろんケガを防ぐためのアイテムがちゃんとあります。 それはインソール(中敷)です。 インソールを使うことで、踏み込んだときの衝撃を吸収するクッション能力が高まり、足のケガや痛みを防いでくれます。

●値段

最後はお金の問題です。 高いものが良いというわけではありませんが、安いものが良いというわけでもありません。 シューズは消耗品と言われますが、しっかり手入れをすれば1年くらいは余裕で使えます。 例えば1万円のシューズを買っても、1年間使ったら月々約833円です。 最初はお金がかかるので大変ですが、トータルで考えたらそんなに高くはありません。 だからしっかり試着して気に入ったものを買いましょう。

●まとめ

いかがでしたか。 バドミントンはフットワークが勝負の決め手になるスポーツなので、シューズはラケット以上に重要です。 だから安易にシューズを選んでしますと、プレーにも影響が出ますし、怪我の原因にもなりかねないので、じっくり考えて自分にぴったりあったシューズを選びましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする