小説を読もう!おすすめAndroidアプリ



【小説を読もう!おすすめAndroidアプリ】

krapalm / Pixabay

私の中でなろうが生活の一部になり始めて五年近くという月日が経ちました。その間、執筆はもちろん色んな方の作品を読んでなろう生活を楽しんできました(※主に活動しているのはエブリスタですが)。

そうして最近やっと気づいてきたんですが、なろうには沢山の対応したリーダーアプリがあるという事です。今回はそんな数多にあるリーダーアプリを少しだけ紹介したいと思います。

●巻丸

常時使用しているサイトがなろうである私にとっても嬉しいのはなろう以外でもPixiv小説やハメルーンなど(※カクヨムも読めます)で公開されているweb小説を読む事が出来る事です。

もちろんPixiv小説やハメルーン、そしてカクヨムなどで公開されている作品もダウンロードして楽しめます。なろう単体ではやはり読む作品の種類が偏ってしまいますし、視野を広げるという部分では巻丸は絶好のAndroidアプリである事はまず間違いがありません。

●なろうダウンローダー

オフラインリーダーには付き物の更新を手動でやるが面倒くさい人には嬉しいアプリ。アプリを開く度に自動で更新してくれるという優れものです。使い勝手も基本的は他のリーダーアプリに勝るとも劣らずなので、やっぱりいちいち更新するが面倒くさいという人にはありがたいアプリですね。

ただしたまにしかリーダーを開かない人には毎回更新して立ち上がるまで待たないといけないのは逆にストレスかもしれませんね。なので使う人を選ぶなろうアプリかもしれません。

●なおり

まず言いたい事は動作が軽快でストレスなくアプリを使う事ができます。動作の軽快さは実は地味に強力で毎回起動する度になおりの動作に慣れていくと他のアプリを起動すると重く感じてしまい、他のアプリが使えなくなるほどです。

それと併せてアプリとしての完成度も高く、初めてなおりを使うユーザーでも戸惑う事なくダウンロードさせて表示させる事ができます。他のアプリでは分かり難い操作でもなおりではちゃんと分るように設計されています。

デザインも洗練されていてユーザーに優しい設計が○ですね。

●NarouMate

操作性や快適性などといった全体的な設計は充分に満足できるものです。広告の表示がないのもまたストレスフリーという観点に一助をかっています。ただしバランスがいいのが災いしたのか、少々アプリとして物足りないものを感じます。 しかしながら以前にあった不具合をバージョンアップの度に地道に解消してきた努力が功を奏したのか、使い勝手はかなりいいです。デザインもしっかりと落ち着いており、じっくりと読みたい派の方にはお薦めできるAndroidアプリです。

●小なろうリーダー

良くも悪くも小さくまとまった感があるオフラインリーダーです。Android 5.0のMaterial Designに対応しています。デザインが先鋭的な部分を気に入っていますね。ほとんどの機能をカットして動作環境に特化している事もお薦めできるポイントでしょうか。ただしところどこでアプリとしてのお約束を無視しているので初めて使う人には少々難解な印象を与えてしまいます。しかしこれからのアプリとして考えれば我慢できるレベルですが。

試してみる価値はあるアプリであります。

●まとめ

様々なAndroidアプリが、それぞれがそれぞれの特色と性格を持っており、一概にこれがダメでこれがいいとは言い切れません。なので色々試してみて自分なりに合ったAndroidアプリを探す事をお薦めします。

この記事が『小説を読もう!Androidアプリ』を選ぶ際での一助になれば幸いです。では。

小説を読もう!おすすめAndroidアプリ、了。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする